服に付いたカラー剤を落とす

洋服に付いたヘアカラーを落とす事が出来る魔法の様な洗剤を試して見ました。服にヘアカラーが付着してしまうのは美容師の永遠の悩みです。いくつか商品があるのですが、今回はテンポセイソウ.comさんのRepair color cleaning(リペアカラークリーニング)を使用します。最近はご家庭でもホームカラーをする人が増えたのでもしもの時のために知っておくと役に立つかも知れません。

テンポセイソウ.comホームページはこちら

Repair color cleaning とは!?

いわゆる混ぜてはいけない系の酸性タイプの洗浄漂白剤です。布や衣類の付着したヘアカラーを除去する事が出来るそうです。

ただし、素材や衣類によっては色落ちや変色、生地を傷めるなどの影響があります。また金属に反応する為取り扱いには細心の注意を払いましょう。強酸性である為、当然手で直接触れてはいけません。詳しくはメーカーホームページが商品付属の取扱説明書をご覧ください。

メーカーによる素材対応表は以下の通りです。

綿
×
×
レーヨン
ナイロン ×
ポリエステル
アクリル
ポリウレタン
ラメ・金属糸使用生地 ×

デニムは特に色落ちしやすいので注意です。
また後ほどご紹介しますが、綿でも色落ちしてしまう場合があります。一度色落ちしてしまった生地は二度と元には戻りませんので目立たない場所でテストを行ってから使用する事を強く推奨します。

【成分】界面活性剤(ポリオキシエチレンアルキスアミン)・硝酸・過酸化水素(酸素系)

洋服に付いたヘアカラーを落としてみた

では実際に洋服に付着したヘアカラーを落としていく様子をご紹介していきます。

今回は綿素材のパンツに付着したヘアカラーを落としていきます。事前の様子は以下の通り。パンツの後ろポケット付近にカラーが付いているのがわかりますね。どうしてこの様な場所にカラーが付いてしまうのか?永遠の謎ですが同じ位置に付いている所をみると、何となく原因が想像出来ます。サロンで使用しているカラー剤を載せるワゴンと同じ位置なのです。

ベージュのパンツには2箇所カラーが付着しています。後ろポケット部分と、左膝の部分です。カラーリムーバーを使用しましたが充分に落としきる事が出来ていません。一度洗濯をしましたが状況は変わらず。これを綺麗に落としたい!!

こちら↑はカーキ色のパンツ(微妙な色の違いがわかりますか?)
こちらもリムーバーを使用後一度洗濯を行っています。リムーバーによってカラーが付着部分の周囲が若干変色してしまっています。こちらも綺麗に落としたい!!

こちらが今回使用するリペアカラークリーニングです。今から開封します。こちらは楽天で¥2500くらいで購入しました。容量は50ml入っています。

開封すると本体と付属のキャップ・コットンと注意書きが同封されています。
取扱説明書は熟読必須です。
必ず目を通し、使用する衣類の目立たない場所でテストをしてから使用しましょう

では始めます。付属のコットンをカラー剤が付着している箇所にのせます。付着しているカラー剤よりも少し大きめにカットしておくことがポイントです。

写真では床の上に直接衣類を置いていますが、床にビニールシートを引いてからその上に衣類を乗せてください。洗剤が床に付いてしまうのを防ぎましょう。

準備が出来たら洗剤をコットンにつけていきます。
この際、必ずグローブをしてください!!
直接触れると危険です!

この状態で放置していきます。

放置時間の目安は5〜15時間です。
とりあえず最低ラインの5時間置いてみます。

はい5時間後、恐る恐る様子を見てみると・・・
明らかにカーキ色のパンツの様子がおかしい事がお分かりでしょうか?

パンツのカーキが脱色されオレンジ色に変色してしまっています。
完全に失敗です。
こうなってしまってはもう2度と元に戻せません。
皆さん必ず見えない場所でテストをしてください。

ベージュのパンツはまだカラーが少し残っているのが確認できます。
しかしカーキの色が退色し、気が動転してしまっているのでとりあえず流水で流し洗濯機へ!
これ以上は恐怖なのでとりあえず一度洗濯をしてみます。

洗濯後、カーキのパンツはこの様な状態に・・・
繰り返しますが皆さん使用前には必ず見えない場所でパッチテストをしましょう
こうなってしまっては、絶対に元の状態には戻りません。

こちらはカーキのパンツのタグです。

綿100%表示ですが、残念ながら上手くいきませんでした。
こちらは元からパンツにシミの様な状態になってしまっていたので後悔はありません。

今までお世話になったパンツにお礼を告げて、ベージュのパンツの様子をチェックしてみましょう。

使用前
使用後
使用前
使用後

こちらはセーフ!!
ポケット裏部分は若干カラーが残っていますが、膝部分は跡形もなく綺麗に落ちました。
生地の色落ちもありません。
一時はどうなるかと不安になりましたが、結果的にまあまあ満足です。

まとめと所感

ベージュのパンツも綿100%でしたが、こちらの生地は退色せずカラー剤のみ落とすことができました。
繰り返し何回のリムーバーを使っても落ちなかったヘアカラーを落とす事が出来たので良かったです。

なぜカーキのパンツだけ退色してしまったのか原因はわかりませんが、使用前のパッチテストの重要性を改めて認識できる貴重な体験になりました。

今回はご紹介しませんでしたが、真っ白な衣類であればキッチンブリーチを使っても服についたヘアカラーを落とす事が出来ます。ですがやはり色柄物は難しいのかも知れません。

服にカラーが付着して困っている皆さん、気になる様でしたら試してみてください!くれぐれもパッチテストは忘れずに!!

最後までご覧いただきましてありがとうございます!!

トップページへ