【使用感】ルフォール ナノアイロン【Lebel・ルベル】

2018年5月13日

川口の美容室Ribeltです。

ルベル【Lebel】から販売されている【ナノアイロン】

プレート部分から、ナノレベル(10億分の一)のスチームが出るヘアセット用アイロンです。

当店でも、縮毛矯正+毛先をカールさせるココカールや、ヘアセットで使用しています。

今回はこの【ナノアイロン】をご紹介していきます。

スポンサーリンク



【ナノアイロン】の魅力

ヘアアイロンで重視する事は何と言っても使い勝手の良さですが、これは人それぞれですよね。

アイロン跡の付きにくさや、バネの強さによる滑り具合も重要ですが、今回は分かりやすい部分での魅力を書いていきます。

その1、ナノスチーム

【ナノアイロン】の最大の魅力はなんといってもナノスチームが出ることです。

ナノスチームの効果により、通常のアイロンよりも短時間で髪をいたわりながらヘアセットが出来ます。

更に、低温でもしっかりカタチを作る事が可能です。

髪が傷みにくく、短時間でセット出来ること

これはどのアイロンにも共通していえる必須事項かもしれませんね。

ナノレベルスチーム

その2、簡単 温度設定

通常アイロンでヘアセットを行う際の温度設定は、健康毛で170~180℃、ダメージ毛では160℃前後で行います。

高い温度の方がアイロンセット効果が長持ちし、時短にもなる為ついつい設定温度を高くしてしまう人も多いでしょう。

しかし、過度な熱は髪をダメージさせるだけでなく、髪質も変化させてしまいます。

【ナノアイロン】なら5℃単位で細かく温度調整ができ、しかもデジタル表示で分かりやすいです。

温度表示がはっきりしないアイロンは、髪のダメージや効率も考えると使用を避けた方がいいでしょう。

加温上昇速度も速い!!

【ナノアイロン】 残念な点

とても素晴らしい【ナノアイロン】ですが、その機能がゆえ、通常のアイロンとは異なる日常のメンテナンスが必要です。

人によっては、この日常のメンテナンスが面倒と感じてしまうかもしれません。

メンテナンス1、水道水ではなく精製水

【ナノスチーム】を発生させる為の水を入れるタンク。

ここには水道水ではなく精製水を使う事が推奨されています。

水道水でも問題なく使用できますが、1年を目安にタンクの交換が必要になってきます。

水道水に含まれるカルキがタンクを劣化させてしまうのです。

タンクを長期的に使いたいのであれば、少々面倒ですが薬局などで買った精製水を使いましょう。

精製水はドラッグストアで¥100ほどで買える

メンテナンス2、使用後は水抜き

【ナノアイロン】の使用後はそのまま放置、ではいけません。

アイロン内に残った水を抜く事が必要です。

水抜き作業は、スチームボタンの長押しで簡単に出来ます。

しかしこの水抜き作業、どういう訳かアイロンが充分に加熱された状態でなければ行えません。

使用後直ぐに水抜き作業をすれば問題はありませんが、水抜き作業を忘れてアイロンが冷えてしまうと再びアイロンを加熱しないと水が抜けません。

アイロンを長く大切に使う為に、日々のメンテナンスは必須です。

【ナノアイロン】VS【ヘアビューロン 3D Plus】

左がナノアイロン、右がヘアビューロン。ツヤ感はナノアイロンが○

ルフォールナノアイロンとヘアビューロン、どちらが優れているかウィッグを使用し試してみました。

どちらも180℃で髪を巻いてみましたが、仕上がりの質感ほほぼ同じ。

時間を経過させてもカールの持ちも大差ありませんでした。

どうやらアイロンとしての使用感はほぼ互角なのでしょう。

それ以外で勝負

【価格】
・ナノアイロン定価  ………………¥27,000
・ヘアビューロン 3D Plus…¥35,000
※税抜き

【重さ】
・ナノアイロン(27ミリ) …………565g
・ヘアビューロン(26,5ミリ) …405g

【コードの長さ】
・ナノアイロン……3,0m
・ヘアビューロン…2,0m

【保障期間】
どちらも6ヶ月

いかがでしょうか?

ナノアイロンの方が専用ヒーターや水タンクの分、重量があります。

髪へのケア効果は、目に見えるナノスチームと、目に見えないバイオプログラミング効果となっています。

ナノアイロンの方がスチーム効果により素早くカールを形成できた感じはありますが、持ちはウィッグ試験では同レベルでした。

購入を迷っている人は、どちらも一度手に取って見ることをおススメします。

ルフォールナノアイロン 仕様まとめ

品名…ルフォール ナノアイロン 27/32
消費電力…0-1000W
アイロン部設定温度…120℃ー180℃(5℃刻み)
コードの長さ…3,0m
寸法…高さ85×幅385×奥行き60mm

・専用ヒーターとアイロン部のW加熱により水分が髪に浸透しやすいナノスチームに変化

・クリップを開いて閉じると、目には見えないナノレベルのスチームが約10秒放出!

・【水タンク】ナノスチームは、満水で約15回分ご使用いただけます。
※ミディアムの場合

潤う…毛髪内部まで水分が浸透し、ツヤやかな潤いを与える

保つ…熱とナノスチームによって、カールの保持力を高め、形が崩れにくい

守る…より短時間でカールをつくり、熱ダメージを軽減し髪を守る

トップページへ

スポンサーリンク