Cosmetic

2018年5月13日

 

はじめに

数ある「シャンプー解析サイト」 本当に便利な世の中になりました。
私も以前はこんなに便利なサイトがあるものかと、お世話になっていた時期もありました。

しかし、何度も「シャンプー解析サイト」に訪れる内に徐々に違和感を感じるようになってきました。

シャンプーの洗浄成分(界面活性剤)でシャンプーの良しあしを左右したり、石油由来の成分という理由だけで危険な成分と認定されていたりと、シャンプーの評価は散々でした。

遂にはシャンプーの成分が美容用品として用いられた場合だけでなく、食品や日用品などの場合で使われた時の効果までシャンプーの成分効果として表記してしまっているサイトまで…

そして決心しました。
美容師が美容室にきた情報のみで表記された成分まとめを作ろうと。

このサイトでまとめてある成分表は以下の様になっています

  • 美容室でのみ得られる情報のみで成分の効果を表記している事
  • シャンプー、トリートメントなど頭髪ケアとしての場合の効果を掲載している事
  • 個人的感情は一切用いない事

特に3つ目、個人的感情が何かしら含まれている「シャンプー解析サイト」が非常に多いです。

成分表記の開設だけならまだ納得できますが、アフィリエイト目的などによってシャンプーの評価が捻じ曲げられてしまうケースでは正しい情報のみが見る人に伝わっているのか疑問です。

誰かが良いと言えば、良い物と思ってしまうかも知れませんが、数あるシャンプーの中で本当に自分にあったシャンプーを自分で選択できるきっかけになれればと思い、今回このようなまとめを作成しました。

美容室でのみ得られる情報のみでまとめている為、他のサイトに比べれば情報量が少ないですが、なにかの参考になれば嬉しいです。

シャンプー成分まとめ一覧 あ行~な行

本業の合間にネット素人がちょこちょこまとめているので、多少お見苦しい点があると思いますがご了承ください。

トップページへ

Posted by Ribelt