クレイツイオン エレメアドライ

2018年5月13日

川口の美容室Ribelt『リベルト』です。

今日届いた速報です。

【クレイツ】から来月発売予定の新しいドライヤーの情報が入ってきました。

ホットペッパーブログにも書きましたが。こちらのブログの方がより文字数が多いため、より詳しく今回判明した新情報について書いていきます。

今までも有名サロンとコラボしたコテアイロンや、その使いやすさで美容師にも人気の【クレイツ】から来月発売予定の新しいドライヤー。

その名も【エレメアドライ】

数ヶ月前からネット上で少しづつ情報が出ていましたが
(ディーラーさんも驚いていたけど情報流出?動画もありました。)

今日Ribeltにも公式のパンフレットが届きました。

早速このエレメアドライが、今までのドライヤーと何が違うのか?パンフレットを参考にして、徹底的に比較してご紹介していきます。

まず最近よくある〈ドライヤーを当てるだけで、肌や髪が保湿になる〉不思議光線ですが、このエレメアドライにも搭載されています。

不思議光線の正体は、ご存知の通り【遠赤外線】です。

【遠赤外線】には、美容や健康に良い効果が沢山あります。

血液がサラサラになったり、細胞の代謝が速くなったり、などなどまだ沢山の効果が言われています。

【アデランス】では、遠赤外線を使用し育毛を促している、との情報もあります。

多種多様な効果を持つ遠赤外線ですが、ドライヤーの話に戻すと、遠赤外線の周波数の中には、さらに育成光線と言われる特別な周波数帯があります。

【クレイツ】では現在この育成光線を放出する【ホリスティックキュアドライヤー】が発売されており、家電量販店などでも販売されています。

今回のエレメアドライは【遠赤外線】を放出する事は判明していますが、それが遠赤外線全体なのか、それとも育成光線のみの限られた周波数帯なのか、までは判明していません。

しかしご安心を。

新商品のエレメアドライの遠赤外線は、今までのドライヤーよりも高濃度なのだそうです。

この【高濃度の遠赤外線】が、空気中の水分や髪の表面の水分を、振動で粉々(クラスター化)にして、その水分が髪のタンパク質と定着する効果と、髪の表面のキューティクルを引き締め、髪にツヤを与える効果があるそうです。

今までの【遠赤外線】よりも高濃度な事で、【ホリスティックキュアドライヤー】以上な効果に期待ができそうですね。

そしてもう1つ。

いままでドライヤーの風を当てるだけで、髪や肌の保湿効果を出すには冷風ドライが必須でした。

【リュミエリーナ】社の【バイオプログラミングドライヤー】などのドライヤーは、冷風を使用した時のみ、その効果をあげていました。

また髪や肌に保湿効果がでるまで、冷風使用しなければならない5~7分という時間は正直ちょっと長いと感じます。

髪を乾かした後、冷風を5分以上当ててようやく髪や肌の保湿がかなったのです。

しかしこの【エレメアドライ】は冷風ではなく、温風でいいそうです。

時間など細かい記載はないですが、単純に考えてもお風呂上りに髪を乾かすだけで女性なら5分以上かかりますよね。

ですので今までのドライヤー以上に、簡単に髪や肌の保湿が可能になっているだろうと考えられます。

もう時間のかかる冷風ドライは必要なさそうですね。

肝心の保湿効果は、クレイツイオン未使用の製品と比べて11.9%保湿するという実証データがでています。

従来品のクレイツイオンでは、クレイツイオン未使用時と比較して保湿効果はプラス3.7%だったので、単純に今までよりも約3倍の保湿効果が実現したと言えます。

この実証データの結果を見れば、今までいまいち伝わりにくかった髪や肌への保湿効果が実感できそうな予感がしますね。

そしてこの【エレメアドライ】は、ドライヤーを使用する時に更に嬉しい機能があります。

それはなんと5段階もの温度調節が可能になったことです。

温度調整できるドライヤーでは、最近は【ダイソン】が有名ですね。

【ダイソン】では、4段階の温度調整機能があります。

【ダイソン】の場合
78度 速乾/スタイリング
62度 標準
45度 低温/スカルプモード
冷風モード

一方【エレメアドライ】では
100度~120度 多毛 硬毛 太毛
80度~100度  普通毛
60度~80度   癖毛 ダメージ毛 細毛
40度~60度   ハイダメージ毛 軟毛 細毛
冷風モード

となっており、【ダイソン】のドライヤーと比べて、100度~120度帯である高温も使用できるので、髪が乾きにくい人や時間がない時に活躍しそうですね。

今まではここまで細かく温度調整機能が付いたドライヤーはなかったので、【ダイソン】のドライヤーと同等レベルのこの機能は、使う側にとっては本当にありがたいですね。

さあここまでいろいろと紹介してきましたが いかがでしたでしょうか?

【ダイソン】のドライヤーが気になっていた人は、もう少しだけ待ってみてもいいのでは?

エレメアドライヤーの気になる価格は、18000円(税別)

【ダイソン】のドライヤーが 約45000円(税別?) なので、かなりお手頃価格ですね。

Ribeltでも今後更に情報が入り次第、お伝えしますのでお楽しみに。

トップページへ