ミルボン オルディーブ フォギーライン フォギーブルージュ 使ってみた

2018年5月13日

川口の美容室Ribelt【リベルト】です。
今回は2017年9月1日に『ミルボン』から発売になったばかりの新色ヘアカラー
ミルボン オルディーブ フォギーラインを使ってみたのでそのレポートをしていきます。

ミルボンオルディーブ フォギーラインとは

いきなりそんなこと言われても…
なんのこっちゃ!?
『ミルボン』って新しいお菓子!? そりゃブルボ〇…

という人の為に(少なからずいるでしょう)、簡単に今回の内容の解説をしていきます。

『ミルボン』→関西に本社がある美容メーカーさんです。
オルディーブ→『ミルボン』のヘアカラーシリーズの名前です。
フォギーライン→ ヘアカラーシリーズに新しく加わった新色のラインです。

ここまで大丈夫ですか?大丈夫ですよね?

フォギーライン コンセプト

では肝心のフォギーラインのカラーコンセプトとは!?

今期のファッショントレンドである、【リラックス感のある、こなれたカッコよさ】を表現できる なめらかなグレージュです。

そう フォギーラインのグレージュは、今までのグレージュとは違うのです

以前のグレージュとの違い

皆さんの中には、
「グレージュなんて、数年前も流行ったよね?」
「どうせ今年も、似たような感じでしょ?」
などとと言うつぶやきが聞こえてきそうですが、今年のグレージュの違いを見ていきましょう。

【違いその1】
今までのグレージュより髪の毛の地毛の色によって、グレー発色がブレにくくなっていること。

【違いその2】
・グレー系に染めると髪が硬い質感になりやすかったのが、今年はやわらかさがあいまったなめらかグレージュになった。

そうなんです。
今までのグレージュでは、染める地毛の色によって黄色っぽくなったり、青みが強く出てしまいモードっぽいキチっとした質感になったりと、同じカラー剤を使用しても色の染まり方がまちまちだったのです

私も以前このオルディーブから発売された【パールグレージュ】や【ヌーディーベージュ】を使用させてもらいましたが、カラー見本のような発色を表現することに苦戦していました。

それを今回は【3色の淡褐色】を組み合わせることによって、ブレが少ないなめらかなグレージュを表現できるようになったということです。

今年流行のグレージュの特徴

過去のグレージュの欠点を無くし、いい部分がさらにパワーアップしていますよ!

さて このフォギーラインは、2色のグレージュから展開されています。
詳しくは以下の通りです。

フォギーグレージュ グレージュ(グレー+ベージュ)
パサついて見えやすい黄味をおさえる なめらかグレージュ

フォギーブルージュ ブルージュ(ブルー+グレージュ)
硬く見えがちな赤味をおさえる なめらかグレージュ

foggy[フォギー]→ 【形】 霧がかかった

この髪の地毛の悩みによって,2色を使い分けることにより、誰でも簡単に似合うグレージュを楽しめる時代になったのです。

フォギーブルージュ 使ってみた

今回は、モデルさん協力の元フォギーブルージュを使用して染めてみましたのでご覧ください。

まずは beforeの状態です。

染める前.JPG
髪の根元の方が、赤茶っぽく
毛先の方が黄色っぽく 見えると思います。

今までのグレージュですと、それぞれの地毛のベースに合わせ2色~3色のカラーを使い分けて染めていました。

そうしないと髪の根本と毛先で、仕上がりが大きく違ってしまっていたのです。

今回は、ほぼ同じカラー構成でワンタッチ塗り
(根本から毛先まで、時間差をつけることなく一度で染めていく方法)

仕上がりが こちら↓

after
アフター.JPG
アフター2.JPG

いかがでしょうか?
光の加減で少し色の見え方は変わっていますが、根元から毛先まで なめらかにキレイに染まっていますよね?

根元と毛先で色ブレが少なく、同一色に見えると思います。

疑う人もいるかも知れないので、念のため一応書いておきますが、
写真の色の加工は ほとんどしていません

今回はスマホで撮影したので、少しだけ見えやすいように明るさ調整をしただけです。

 

フォギーブルージュ レシピ公開

では今回使用したカラーのレシピを公開です。

【染める前の髪の状態】

根元新生毛 2センチ
中間既染毛 9レベル
毛先表面 12レベル
毛先内側 ブリーチ毛 14レベル

【使用した薬剤】

根元新生毛部分
7レベル フォギーブルージュ OX6%

毛先既染部
6レベル フォギーブルージュ/H OX4.5%

【放置時間】20分

 

フォギーライン まとめ

このフォギーラインは今年の秋のファッションとも相性抜群です。

グレー系の無彩色カラーですので、地肌や目の色などの パーソナルカラーに関係無く染められる のもいいですね。

今年は誰でにでも似合わせやすく、自然におしゃれに見える、このフォギーラインがオススメですよ。

是非一度 お試しくださいね!

最後までご覧になっていただきまして ありがとうございました。

トップページへ