【新色】オルディーブ アディクシー【スモーキートパーズ・パープルガーネット】

2018年5月13日

川口の美容室Ribeltです。

ミルボンのオルディーブ アディクシーから新色が発売されるという情報が入ってきました。

スモーキートパーズ】と【パープルガーネット】という2色がスタンダードラインに追加されます。

早速新色2色の特徴と、アディクシーカラーの特徴について改めてクローズアップして行きます。

気になる新色の発売日は、3月10日?

今現在までに判明している最新の情報を整理していきましょう!!

スポンサーリンク



パープルガーネット

高い明度でクリアなラベンダーグレーを表現できるカラーです。

青味のあるクリアなパープルが、透明感とパープル感を両立させます。

カラーの退色時に黄味を感じない染料配合になっており、アメジスト(既に発売のライン)よりもパープル感を感じる色味になっています。

【アメジスト】(既存のスタンダードライン)
青味のあるバイオレットアッシュ

【パープルガーネット】(NEW)
青味のあるクリアなパープル

スモーキートパーズ

高い明度で透明感のあるグレーベージュを表現できるカラーです。

茶色味が出過ぎない、透明感のある柔らかいグレーベージュです。

色をくすませないで彩度を和らげる、高明度でのブラウンコントロールによって、ブリーチ毛に対してもグリーンに振られないクリアな発色が出来ます。

ブリーチ毛などの高明度からトーンダウンしても、マット感は出ません。

スモーキートパーズは白髪染めにも対応OK。
30~40代の外国人風カラーは、白髪を染めながら赤味のない根本のカラーを表現出来ます。

ハイトーンからのトーンダウンで色持ちUP!!
ハイライトやブリーチなど、髪を染めても直ぐに明るくなりやすい人の明度コントロールがしやすいカラーです。

アディクシーカラーとは!?

アディクシーカラーは2017年ミルボンから発売された、日本人でも欧米人風な髪色に染められるカラー剤です。

黒髪をトーンアップする際に起こる、日本人特有の赤味のあるブラウンをかき消す事にこだわったブルーベース軸で構成されています。

更に、クリアな色味を表現する為にシンプルな染料構成になっています。

【クリアブルーベース処方】(日本人特有の赤茶色を抑える)
・青の発色に適した発色成分をカラーの1剤、2剤それぞれに選定しクリアに発色。
・リン酸ジセチルにより、染料を毛髪の芯まで届けしっかり抱える。

高明度・高彩度を表現したり、外国人風ヘアカラーをリードするイルミナカラーやスロウカラーに続いてミルボンから発売されたのがアディクシーカラーです。

Ribeltでも人気のアディクシーカラー

今年の流行は「ツヤ感」が主役

2018年発売のシャンプーやスタイリング剤、ヘアカラーはどれも「ツヤ感」がキーワードになっています。

「ツヤ感」を出すシャンプー&トリートメント
「ツヤ感」を出すスタイリング剤
「ツヤ感」をだすヘアカラー

ヘアカラーでは、今月発売のオルディーブ センシュアルラインもパープル感のあるツヤ髪がキーワードになっており、アディクシーカラーの新色との差異が気になる所です。

ミルボンのジェミールフランシャンプーもリニューアルし、よりツヤ感をクローズアップしてたり、ナンバースリーの新しいシャンプー「シーソー」も、ツヤ感をかなり押しています。

ヘアスプレーは昨年からウエット感の出る物が発売され、ワックスからバームやオイルで髪をまとめる人が増えてきました。

ツヤ感を制する物は2018年を制す!?

今後の展開に期待です。

最後までご覧いただきまして ありがとうございます!!

トップページへ

スポンサーリンク