【リベンジ】オルディーブ センシュアル アイシーパープル【ミルボン】

2018年5月13日

川口の美容室Ribeltです。

いよいよ2月8日発売のミルボンオルディーブの新色ヘアカラー、センシュアルラインをもう一度試してみました。

前回はセンシュアル アイシーグレイでした。

今回はセンシュアル アイシーパープルです。

ツヤモノトーンがトレンドキーワードのこの新色。

今度こそ、色っぽいツヤ髪にして魅せます。

前回の様子はこちら

スポンサーリンク



センシュアル アイシーパープル

さて、今年の流行色のセンシュアルカラーの特徴はなんだったか、覚えていますか?

忘れた方の為に簡単に復習をしましょう。

センシュアル・アイシーパープル【黄味が強い髪に】
(Sensual Icy Purple)
黄味を抑えて、やわらかさとみずみずしいツヤを表現します。

センシュアル・アイシーグレイ【赤味が強い髪に】
(Sensual Icy Gray)
赤味を抑えて、やわらかさとみすみずしいツヤを表現します。

ひとさじの色気=みずみずしさ×高彩度のツヤ感

ミルボンが作った魅惑の方程式!?

前回は見事に術中にはまってしまいました…

が、しかし

同じ失敗を繰り返すわけにはいきません!!

今回は魅惑の方程式を解く為に、ある程度条件を揃えておきました。

その結果を早速ご覧ください↓

before

 

after

いかがでしょうか?

綺麗に染まりましたよね?

もちろん、画像の加工は一切行っていません!
(仕上げのスタイリングには少し手を加えましたケド…)

始めからこの色を表現しなさい!

という意見も聞こえてきそうですが、前回のカラーも必要不可欠な要素だったのです。

そう

失敗は成功の母!?

前回の反省点を踏まえて

さて、ここからは前回の反省点を踏まえて、今回改良した点をつらつらと書いていきます。

正直、前回はカラーの色味だけを見たかったので、※補色などの色味の追加は行っていませんでした。
(※補色とは、足りない色味を補うこと)

別の角度からも。補色の効果は絶大デス!!

今回は髪の状態にあわせ、センシュアルライン以外の他の色味をプラスした事が成功の秘訣です。

美容師目線で言えば、なんだそんな事か…と思うかも知れませんが、新しいカラー剤を使うにあたって、純粋にそのカラー剤の色味を事前に知っておく必要があるのです。

なにも混ぜていないカラー剤の本来の色味を知らなければ、色味を足すときに何色をどれくらい足したら良いのかの目途がつきません。

ある程度カラー剤の特徴を知った上で足りない色味を追加する事で、カラー剤本来の色味を表現できるのだと思います。

そして、ご協力していただいたモデルさんも、前回のようなトーンの暗いカラーではなく、ハイトーンの髪を選びました。

ここには前回の反省点が含まれていますね。

パープル系の色素が含まれているセンシュアルラインは、トーンの暗い赤っぽい茶色の髪よりも、ハイトーンの黄色っぽい髪の方が表現しやすいのです。

もちろん、暗い髪も髪のアンダートーンに合わせて補色すれば、前回のような赤味の残った仕上がりにはならないでしょう。

ミルボンの魅惑の方程式を解くカギは、補色にあったと言えます。

カラーレシピ

【染毛前の状態】
新生部 2センチ
既染部 12Lv 16Lv(毛先ブリーチ毛)

【薬剤】
新生部 8-sIP(センシュアル アイシーパープル)
既染部(12Lv) 8-sIP
既染部(16Lv) 8-sIP+C8-OR(オレンジ)20%

自然放置25分

センシュアルライン 綺麗に染めるには

センシュアルカラーを綺麗に染めるには、髪の素材に合わせた補色の追加が必須です。

ミルボンからも素材に合わせたミックスレシピがいくつか紹介されています。

【赤味キャンセル】
・アイシーグレイ:7-SA(アディクシーカラー、サファイア)=5:1
・アイシーパープル:7-EM(アディクシーカラー、エメラルド)=5:1

【縮毛矯正毛、デジパー毛】
・センシュアル:クリア=3:1

【ブリーチ毛】
・センシュアル:c8-OR(オレンジ)10%~20%

これらは美容師向けの内容になっていますが、髪を毎日ケアしているのはあなた自身です。

色を綺麗に染めたい場合、日々のアイロンやドライヤーにも気を使うと○

センシュアルライン 画像で比較

では、センシュアルライン総まとめをしましょう。

今まで染めた結果を改めて並べてみましたのでどうぞ!!

ミルボンのパンフレットより抜粋
アイシーグレイ(補色無し)
今回のアイシーパープル

もう一度書きますが、画像の加工は一切行っていません!

見れば見るほどキレイなカラーですよね!?

ブリーチ毛などのハイトーンの髪の方や、細くて柔らかい髪の方がこのようなイメージに近づけやすいです。

そうでない方も補色をする事で、きっとセンシュアルに髪は染まるでしょう。

来週発売のセンシュアルライン

まだ少し寒いですが、いち早く春を取り入れたい方、どのようなカラーにするか迷っている方は是非お試し下さいね!

最後までご覧いただきまして ありがとうございます!!

トップページへ

スポンサーリンク